「活動報告」カテゴリーアーカイブ

ラオス勉強会 〜ラオス文学者兼図書館活動家・安井清子さんを招いて〜

2020/12/17

今日のミーティングでは長年ラオスの教育に従事している関谷さんのお力のおかげで、現在ではラオスに居住するモン族の民話を研究、また、図書館の運営支援を行っている安井清子さんにお話しを伺うことができました。

安井さんがラオスでの活動のきっかけとなったのはタイの北東部での難民キャンプでモン族との出会いだそうです。文字をを持たないモン族には、多くの民話が口承で語り継がれています。安井さんはその多くの民話に魅了されながらも、それが時の経過とともに失われてしまうことが「もったいない」という思いから、カセットテープを片手に民話の記録を始めたそうです。

そんな思いの矢先、寄付をきっかけに図書館建設を志すようになったそうです。安井さんが図書館活動をする動機には、識字教育というものが必ずしも中心にあるのではなく、辛い現実に遭遇しているこどもたちが、本の中に広がる別の世界を通して、夢や異なった価値観を培って欲しいという思いがあります。特に印象に残った内容は、安井さんの図書館を利用していたこどもが成長して、図書館運営に携わっているということで、図書館活動がこどもに与える影響の大きさというものを実感させられました。

私たちも、一昨年、2019年にラオスのヴィエンチャン郊外に図書館を無事建設することができました。まだ運用が開始されてからまもなく、日本からラオスにある図書館を運営することの難しさを実感する日々であります。安井さんの経験を元に、私たちもこどもに夢を与えられるような図書館運営を目指してまいりたいと思います。

全体の集合写真

ラオス勉強会 ~ラオス語を理解しよう~

こんにちは。私たちはオンラインでのミーティングで毎回ラオス勉強会をしています。毎回担当者を決めて、ラオスに関する好きなテーマで勉強会をしています。その内容をHPにも掲載することになりましたので、ぜひお読みください!!

記念すべき第1回目は3年のみやかによる『ラオス語を理解しよう』です。

 

こんにちは!
FUNメンバーのみやかです。

今回は、まるくてかわいらしい印象の「ラオス文字」をテーマにして勉強会を行いました。せっかく大学生のうちのラオスという国に出会うことが出来たので、現地で話されている言葉について少しでも知っておきたいと思い、このテーマにしてみました。

ラオスでは、ラオス語(またはラオ語・ラーオ語)が公用語となっており、都心部など観光地は英語も話せる方が多いですが、地方では英語の普及率は低いようです。確かに、スタツアに行ったときも活動した地域ではあまり英語は通じなかった気がします。その分、よりラオス語を勉強する価値がありますね!
ラオス文字には、9の母音と27の子音があり、さらに声調記号で構成されます。アルファベットと同じ感じかなと思いましたが、母音と子音で26文字のアルファベットより遙かに数が多いんです。しかも発音の種類も多く想像以上に難しいことがわかりました。

全部一気に覚えるのは難しいと思ったので、まずはみんなが自分の名前をラオス語で書けるようになれればと思い、ひらがなに合わせたラオス文字を表にしました。私は「みやか」なので、ラオス文字で表すと「ມິຢະກະ」になります。この感じ、どこかでみたことあるなぁと思ったら、、、2年前に行ったスタツアで子どもたちにもらった折り紙や風船にそんな感じのことばを書いてくれていました!少し違うのは、発音の違いだと思いますが、なんだか嬉しい気持ちになりました。
つぎ子どもたちに会えたときにはみんなの名前をラオス文字で覚えられたらいいな、と思いました。また元気な姿の彼ら彼女らに会いたいですね…!

次回もお楽しみに!